センター通信

法定相続情報証明制度 5月29日よりスタート - 法務省

平成29年5月29日(月)より、全国の登記所(法務局)において、各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まった。

現在、相続手続では、お亡くなりになった方の戸除籍謄本等の束を、相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要がある。法定相続情報証明制度は、登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し、併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出せば、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付する。

その後の相続手続は、法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで、戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなるというもの。法定相続情報証明制度の具体的な手続きに関しては、法務省ホームページで詳しく解説している。

また、不動産の登記名義人(所有者)が死亡した場合、所有権の移転の登記が必要になる。しかし、最近は、相続登記が未了のまま放置されるケースが多くなっており、様々な社会問題の要因となっている可能性が指摘されている。法定相続情報一覧図の写しは、相続登記にも利用することができるとして、法務省は自分の権利を保全し、次世代の子どもたちのために未来につながる相続登記を、と呼び掛けている。

センター通信

2018.06.21
事前調査を通して
2018.05.16
債権回収困難事由にあたらず 相続時の貸付債権 ― 東京地裁
2018.04.16
「介護医療院」も適用へ 小規模宅地等の特例 ― 国税庁
2018.03.22
相続人が姪の相続手続
2018.02.19
「正当な理由」には該当せず 相続税の期限後申告 ― 不服審
2018.01.12
平成28年度相続税申告状況 ほぼ昨年並みに推移 - 国税庁
2017.12.12
自筆遺言の法務局保管制度創設 家裁検認手続き不要も ― 法務省
2017.11.16
相続法制見直し 追加試案で要綱案作成へ
2017.10.13
相続の株式評価同族株主判定 配当還元方式で課税庁側を棄却
2017.09.12
相続税に係る見直しを要望 30年度税制改正で金融庁

全てを表示

0120-048-432

お問い合わせ

このページの先頭に戻る

発生する方へ

発生した方へ

不動産収入がある方へ

相続税の基礎知識

相続税について

事務所概要

【さいたま事務所】

さいたま事務所外観

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町4-241-1 荒井ビル5F
TEL: 0120-048-432
FAX: 048-644-1808

【くまがや事務所】

くまがや事務所外観

〒360-0815
埼玉県熊谷市本石1-63
本塚経営ビル
TEL: 048-522-2308
FAX: 048-521-7007

サービス対象地域

埼玉県
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
越谷、蕨、戸田、入間、鳩ヶ谷、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野

東京都 23区

群馬県
館林、太田、伊勢崎、
高崎、藤岡

栃木県、茨城県、千葉県、
神奈川県

TaxHouse