センター通信

戸籍61通

お兄様が亡くなったということで、Aさんが無料相談にお越しになりました。お兄様の妻は既に亡くなっており、二人の間にお子様がいない為、お兄様の妹であるAさんが相続人代表として手続きを行うこととなったのですが、Aさんには兄弟が多く、どうやって進めたらいいかと途方にくれていました。

お話をお聞きしたところ、Aさんは12人兄弟姉妹の末っ子で、上の兄弟姉妹も姉一人を除いては既に亡くなっており、その姉も含め、年の近い兄家族やお兄様以外とは長年交流がないとのことでした。亡くなられているご兄弟の子(Aさんの甥や姪)も相続人となる旨を説明しましたが、甥や姪には過去に1度会ったことがあるかどうかという程度で、近況は全く知らないという状況でした。

また財産内容を調査したところ、お兄様の相続財産は銀行預金が主で、ご自宅不動産はお兄様の妻名義となっていました。妻はお兄様より先に亡くなっており、妻の相続手続も行う必要があります。ただ妻には兄弟姉妹がおらず、その子(代襲相続人)もいないということなので、すべてお兄様が相続することとなり、自宅不動産もお兄様の遺産分割の対象となります。

早速、相続人確定の為に戸籍取得を開始しました。第三順位である兄弟が相続する場合には、被相続人の死亡から出生までの戸籍に加え、直系尊属の死亡から出生までの戸籍、兄弟姉妹の現在戸籍、亡くなっている場合には被代襲者(亡くなっている兄弟姉妹)の死亡までの戸籍、そして代襲者(甥姪)の現在戸籍…等を取得しなければなりません。
お兄様の妻の相続人については、ご兄弟がいたものの幼少期に死別しており、配偶者であるお兄様しかいないことが判明しました。
お兄様の相続人については、12人兄弟で転籍や養子縁組、離婚が複雑に絡み合い、多数の戸籍取得を要しました。ようやく12名の相続人が確定しましたが、その為に取得した戸籍は計61通に及びました。
各相続人の住所も調査し、Aさんより皆様にお手紙を出していただきました。甥姪10名については、早々に協力をする旨のご連絡をいただきましたが、お姉様については高齢ということもありなかなか連絡がスムーズにいきません。それでも何度もご連絡をして何とかご協力をいただくことができ、相続人12名による遺産分割協議が無事まとまりました。

Aさんは、61通の積み重なった戸籍をご覧になり、驚くとともに相続手続の煩雑さを改めてご認識されたようです。Aさんからは相談してよかったとのお言葉をいただきました。

センター通信

2017.09.12
相続税に係る見直しを要望 30年度税制改正で金融庁
2017.08.22
遺産分割や遺留分について 民法(相続関係)改正追加試案
2017.07.25
戸籍61通
2017.06.27
支部名変更のお知らせ
2017.06.21
法定相続情報証明制度 5月29日よりスタート - 法務省
2017.05.10
相続人は13歳と8歳
2017.04.11
遺言は見つかったものの、預貯金や株式は誰に?
2017.03.16
原判決を破棄、高裁に差し戻す 私道供用宅地の評価 ― 最高裁
2017.02.15
重加算税の賦課処分を取り消す 申告漏れ、故意でない ― 審判所
2017.01.13
相続人は12人プラス2人?

全てを表示

0120-048-432

お問い合わせ

このページの先頭に戻る

発生する方へ

発生した方へ

不動産収入がある方へ

相続税の基礎知識

相続税について

事務所概要

【さいたま事務所】

さいたま事務所外観

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町4-241-1 荒井ビル5F
TEL: 0120-048-432
FAX: 048-644-1808

【くまがや事務所】

くまがや事務所外観

〒360-0815
埼玉県熊谷市本石1-63
本塚経営ビル
TEL: 048-522-2308
FAX: 048-521-7007

サービス対象地域

埼玉県
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
越谷、蕨、戸田、入間、鳩ヶ谷、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野

東京都 23区

群馬県
館林、太田、伊勢崎、
高崎、藤岡

栃木県、茨城県、千葉県、
神奈川県

TaxHouse