センター通信

隠ぺい又は仮装は認められない 重加算税の賦課処分を取り消す

 相続人である審査請求人らが相続開始の直前に被相続人名義の預金口座から引き出された金員について、その一部が相続税の課税価格に算入されていなかったとして修正申告書を提出。原処分庁が更正を予知してなされたとして重加算税の賦課決定処分をするとともに、金員のその余の部分についても相続財産に当たるなどとして相続税の更正処分と重加算税の賦課決定処分等をした。請求人らが全部取り消しを求めた事案で国税不服審判所は、重加算税の賦課要件を満たさないとして処分を取り消した。3月29日付裁決。

 審判所は▽金員が被相続人の財産であることを請求人らが十分認識していたと認めるのは困難▽遺産分割協議書や申告書の作成にあたり当初申告代理人に対し被相続人名義の預金口座の残高証明書のみを提示したのは、預貯金通帳の提示や相続開始前後の入出金についての説明を求められなかったから▽過少な相続税額が記載された申告書を作成させたとは認められず、原処分庁の主張を根拠づける証拠もない▽請求人らが当初から過少に申告する意図を有し、外部からもうかがい得る特段の行動をしたとは認められない▽審判所の調査でも、国税通則法第68条《重加算税》第1項に規定する隠ぺい又は仮装の行為があったとは認められない―とした。

センター通信

2019.04.18
相続財産の預け金返還請求権 帰属移転を認め処分取消しに
2019.03.08
H31度税制改正大綱 相続法改正に伴う取扱い整備 
2019.02.14
老人ホーム入居中の小規模宅地 特例取扱いに回答 ― 国税庁 
2019.01.17
相続税の税額合計は2兆円 29年、前年を上回る ― 国税庁
2018.12.17
隠ぺい又は仮装は認められない 重加算税の賦課処分を取り消す
2018.11.29
相続法の改正点などを一覧表に 法務省民事局がまとめ公表
2018.10.16
空き家対策、譲渡後も対象に 国交省が税制改正要望
2018.09.21
所有者不明土地
2018.08.30
幻の遺言書
2018.07.24
思いが伝わったエンディングノート

全てを表示

0120-048-432

お問い合わせ

このページの先頭に戻る

発生する方へ

発生した方へ

不動産収入がある方へ

相続税の基礎知識

相続税について

事務所概要

【さいたま事務所】

さいたま事務所外観

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町4-241-1 荒井ビル5F
TEL: 0120-048-432
FAX: 048-644-1808

【くまがや事務所】

くまがや事務所外観

〒360-0815
埼玉県熊谷市本石1-63
本塚経営ビル
TEL: 048-522-2308
FAX: 048-521-7007

サービス対象地域

埼玉県
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
越谷、蕨、戸田、入間、鳩ヶ谷、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野

東京都 23区

群馬県
館林、太田、伊勢崎、
高崎、藤岡

栃木県、茨城県、千葉県、
神奈川県

TaxHouse