センター通信

相続税の税額合計は2兆円 29年、前年を上回る ― 国税庁

 国税庁は29年分(暦年)の相続税の申告状況と29事務年度(28年7月~29年6月)における相続税の調査状況を公表した。

 申告状況によると、被相続人数は約134万人(28年は約131万人)。このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約11万2千人(同約10万6千人)で、課税割合は8.3%(8.1%)となり、前年より0.2ポイント増加した。課税価格の合計は15兆5,884億円(14兆7,813億円)。被相続人1人当たりでは1億3,952万円(1億3,960万円)。税額の合計は2兆0,185億円(1兆8,681億円)。被相続人1人当たりでは1,807万円(1,764万円)。相続財産の金額の構成比は、土地36.5%(38.0%)、現金・預貯金等31.7%(31.2%)、有価証券15.2%(14.4%)の順。

 一方、調査状況によると、実地調査1万2,576件のうち申告漏れ等の非違があった件数は1万0,521件(同9,930件)で、非違割合は83.7%(82.0%)となった。申告漏れ課税価格は3,523億円(3,295億円)。1件当たりでは2,801万円(2,720万円)。追徴税額(加算税を含む)は783億円(716億円)。実地調査1件当たりでは623万円(591万円)だった。 

センター通信

2019.07.23
民法改正による特別寄与料の取扱い
2019.04.18
相続財産の預け金返還請求権 帰属移転を認め処分取消しに
2019.03.08
H31度税制改正大綱 相続法改正に伴う取扱い整備 
2019.02.14
老人ホーム入居中の小規模宅地 特例取扱いに回答 ― 国税庁 
2019.01.17
相続税の税額合計は2兆円 29年、前年を上回る ― 国税庁
2018.12.17
隠ぺい又は仮装は認められない 重加算税の賦課処分を取り消す
2018.11.29
相続法の改正点などを一覧表に 法務省民事局がまとめ公表
2018.10.16
空き家対策、譲渡後も対象に 国交省が税制改正要望
2018.09.21
所有者不明土地
2018.08.30
幻の遺言書

全てを表示

0120-048-432

お問い合わせ

このページの先頭に戻る

発生する方へ

発生した方へ

不動産収入がある方へ

相続税の基礎知識

相続税について

事務所概要

【さいたま事務所】

さいたま事務所外観

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町4-241-1 荒井ビル5F
TEL: 0120-048-432
FAX: 048-644-1808

【くまがや事務所】

くまがや事務所外観

〒360-0815
埼玉県熊谷市本石1-63
本塚経営ビル
TEL: 048-522-2308
FAX: 048-521-7007

サービス対象地域

埼玉県
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
越谷、蕨、戸田、入間、鳩ヶ谷、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野

東京都 23区

群馬県
館林、太田、伊勢崎、
高崎、藤岡

栃木県、茨城県、千葉県、
神奈川県

TaxHouse