センター通信

「正当な理由」には該当せず 相続税の期限後申告 ― 不服審

審査請求人らがした相続税の期限後申告について、原処分庁が無申告加算税の各賦課決定処分をした。請求人らが、期限内申告書を提出しなかったのは法定申告期限に被相続人の一人が受け取るべき損害賠償金の額が未確定で、全相続財産を反映した申告書を作成できなかったためであり、請求人らには国税通則法第66条《無申告加算税》第1項ただし書に規定する「正当な理由」があるとして、処分の全部取り消しを求めた事案で、国税不服審判所は29年6月15日付で「正当な理由」には該当しないとして請求を棄却した。

 審判所は、納税者が相続財産の全容を把握するため種々の調査をし、情報入手の努力をした結果、法定申告期限までに財産の一部しか判明しなかったとしても、判明した部分だけで遺産に係る基礎控除額を超える場合には、納税者は判明した財産につき期限内申告書を提出しなければならないと指摘。請求人らは法定申告期限までに、相談した税理士から申告が必要な旨の説明を受け、相続した土地の価額のみで基礎控除額を超えることを認識していたのだから、申告の必要を認識していたものと認められるとし、請求人らが期限内申告書を提出しなかったことについて、ただし書に規定する「正当な理由」があるとは認められないと裁決した。

センター通信

2019.02.14
老人ホーム入居中の小規模宅地 特例取扱いに回答 ― 国税庁 
2019.01.17
相続税の税額合計は2兆円 29年、前年を上回る ― 国税庁
2018.12.17
隠ぺい又は仮装は認められない 重加算税の賦課処分を取り消す
2018.11.29
相続法の改正点などを一覧表に 法務省民事局がまとめ公表
2018.10.16
空き家対策、譲渡後も対象に 国交省が税制改正要望
2018.09.21
所有者不明土地
2018.08.30
幻の遺言書
2018.07.24
思いが伝わったエンディングノート
2018.06.21
事前調査を通して
2018.05.16
債権回収困難事由にあたらず 相続時の貸付債権 ― 東京地裁

全てを表示

0120-048-432

お問い合わせ

このページの先頭に戻る

発生する方へ

発生した方へ

不動産収入がある方へ

相続税の基礎知識

相続税について

事務所概要

【さいたま事務所】

さいたま事務所外観

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町4-241-1 荒井ビル5F
TEL: 0120-048-432
FAX: 048-644-1808

【くまがや事務所】

くまがや事務所外観

〒360-0815
埼玉県熊谷市本石1-63
本塚経営ビル
TEL: 048-522-2308
FAX: 048-521-7007

サービス対象地域

埼玉県
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
越谷、蕨、戸田、入間、鳩ヶ谷、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野

東京都 23区

群馬県
館林、太田、伊勢崎、
高崎、藤岡

栃木県、茨城県、千葉県、
神奈川県

TaxHouse