センター通信

殊更過少な申告書に当たらない 相続税、共済金の漏れ - 審判所

被相続人の配偶者(妻)と二男が原処分庁所属の職員の調査を受け、被相続人の死亡により取得した共済金の申告漏れなどがあったとして相続税の修正申告をした。

原処分庁が二男に対し重加算税の賦課決定処分、妻に対し相続税法第19条の2《配偶者に対する相続税額の軽減》第1項に規定する配偶者に対する相続税額の軽減については同条第5項の規定が適用されるとして更正処分・過少申告加算税の賦課決定処分をした。二男が処分の一部(過少申告加算税相当額を超える部分の金額)の取り消し、妻が全部の取り消しを求めた事案で国税不服審判所は3年2月5日付で、みなし相続財産に該当する生命保険金が申告漏れとなったことにつき、請求人が殊更過少な相続税申告書を提出したとは認められないと裁決した。

相続人らは相続税の申告書や遺産分割協議書の作成等を税理士に依頼。申告書には共済金の記載がなかった。審判所は▽税理士が関係資料等の提出時や申告書の作成時に請求人に具体的な確認等をしていなかった▽その他に、請求人が税理士に殊更に存在を秘匿したと裏付けるに足りる事情もない―などに照らすと、請求人が当初から過少申告を意図し、その意図に基づく過少申告をしたような場合に該当するとまでは認められないと判断した。

■参考:国税不服審判所|生命保険金が申告漏れとなったことにつき、請求人が殊更過少な相続税申告書を提出したとは認められないとした事例

センター通信

2021.10.08
殊更過少な申告書に当たらない 相続税、共済金の漏れ - 審判所
2021.08.26
施行から6年目の空家法 全国で対策や措置進む-国交省
2021.07.12
死因贈与契約での申告期限 被相続人死亡知った日から開始
2021.05.06
信義則に反するとはいえない 母の遺言の有効性確認―最高裁判所
2021.04.22
ご自宅から相続手続き相談が可能です  ~オンライン面談行ってます~
2021.03.23
緊急事態宣言解除に伴うお知らせ
2021.01.08
緊急事態宣言再発令への対応について
2020.12.21
相続時に口座把握を容易にマイナンバー活用―6年度実施
2020.12.14
年末年始休業日のご案内
2020.09.11
ご自宅から相続手続き相談が可能です  ~オンライン面談行ってます~

全てを表示

0120-048-432

お問い合わせ

このページの先頭に戻る

発生する方へ

発生した方へ

不動産収入がある方へ

相続税の基礎知識

相続税について

事務所概要

【さいたま事務所】

さいたま事務所外観

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町4-241-1 荒井ビル5F
TEL: 0120-048-432
FAX: 048-644-1808

【くまがや事務所】

くまがや事務所外観

〒360-0815
埼玉県熊谷市本石1-63
本塚経営ビル
TEL: 048-522-2308
FAX: 048-521-7007

サービス対象地域

埼玉県
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
越谷、蕨、戸田、入間、鳩ヶ谷、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野

東京都 23区

群馬県
館林、太田、伊勢崎、
高崎、藤岡

栃木県、茨城県、千葉県、
神奈川県

TaxHouse